熊野本宮大社の正式参拝を実施

 当社では、神幸祭の翌年及び神幸祭の中間年に、和歌山県の熊野本宮大社を正式参拝することが慣例となっております。本年(平成29年)は、神幸祭の中間年に当たることから、参加者を募集したところ、神社役員等25名が参加して、11月26日(日)~27日(月)の一泊二日で実施いたしました。
 1日目は、午前6時に松澤熊野神社に集合し、上代宮司による安全祈願祭の後、マイクロバスで、成田空港に向かい、飛行機で関西国際空港へ、観光バスに乗り換え雨の中、和歌山市紀三井寺付近で昼食、川湯温泉の旅館に到着、温泉につかり疲れをとり、懇親会の後、就寝しました。
 2日目は、朝8時30分に宿を出発し、明治22年の大洪水で流されるまで、熊野川の中州にあった旧社地の中州である「大斎原」(おおゆのはら)を見学し、熊野坐神社の跡地や高さ33.9メートルの日本一の大鳥居を見学した後、熊野本宮大社の鳥居くぐり、「熊野大権現」の白い旗が並ぶ158段の階段を登り、手水の後、拝殿に登壇し、長谷川神官による正式参拝の神事が行われ、上代宮司、越川氏子総代長、菅谷崇敬会長(全員が崇敬会長に合せて二礼二拍手一礼)が玉串奉奠をし、巫女による「浦安の舞」のお神楽を見学し、直会の後、神門をくぐり、長谷川神官の説明の後、熊野本宮大社の上四社を参拝いたしました。熊野本宮大社は、平成30年4月の例大祭に鎮座2050年の記念式典を行うそうです。
 帰りは、和歌山県白浜町の「とれとれ市場」で昼食、お土産を購入して、関西国際空港で夕食の後、飛行機に乗り成田空港へ、成田空港から送迎バスで、松澤熊野神社へ到着し、無事に帰省いたしました。皆さんご苦労様でした。


熊野坐神社 跡


熊野川中州 大斎原(おおゆのはら) 


日本一の大鳥居


熊野本宮大社 鳥居


熊野本宮大社 神門

熊野講の開催

 9月29日(金)、旭市二「伊万里」さんで平成29年度熊野講が開催されました。
 熊野講は、神幸祭終了後又は中間年に松澤熊野神社主催による和歌山県の熊野本宮大社を正式参拝した者をもって構成されております。
 今年度は、例年より出席者が少なく、15名が出席して開催されました。越川氏子総代長の進行により、上代宮司、菅谷崇敬会長、宮澤市議会議員からご挨拶を頂き、荒品崇敬会副会長の「乾杯」の御発声により、宴にに入りました。
 越川氏子総代長から11月に予定している「熊野本宮大社の正式参拝」の出席者は、26名であること。来年の熊野講は、11月の熊野本宮大社正式参拝の出席者も含めて開催すること。昨年度の熊野講の決算報告等が行われ、いずれも了解されました。
 会員の皆様は、久しぶりにお会いして、近況を語り合うなど懇親を深めておりました。
DSCN0030
 進行する越川氏子総代長

DSCN0032
 あいさつする 上代宮司

DSCN0034
 あいさつする 菅谷崇敬会長

DSCN0037
 あいさつする 宮澤市議会議員

DSCN0040
乾杯の御発声をする 荒品崇敬会副会長

大しめ縄の作成

 当社では、例年、例大祭にあわせて、大鳥居及び御神木の大杉のしめ縄の掛け替えが行われます。
 每年、9月の最終日曜日に、松澤熊野神社神楽殿で宮本消防世話人及び若人によって新しい大しめ縄が作成されます。
 大しめ縄は、神楽殿の梁からロープを垂らして大しめ縄の端をロープにくくりつけ、ロープを持つ人、稲わらを渡す人、稲わらをよる人、皆が息を合わせて順次、太くて長い大しめ縄を作成します。
 真新しい大しめ縄は、例大祭の当日の朝、大鳥居や御神木の大杉にかけられ、例大祭を迎えます。

DSCN0028

お神楽祭のお稚児を募集しております

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 3月の春分の日、当社神楽殿で、宮本区の若人によりお神楽が奉納されます。
 お神楽の舞の中にお稚児の舞があり、毎年、氏子の皆様がお子様の健やかな成長を願って、神にお稚児の舞を奉納していただいております。
 当社では、お稚児の舞を奉納してくださる女児を募集しております。
 詳しくは、宮本区お稚児世話人又は、氏子総代長(090-7187-8147)へ連絡してください。

初詣は、松澤熊野神社を参拝してください

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 毎年、元日は、午前0時から宮本区神社役員が待機し、太玉串、神札、交通安全及び家内安全のお守を用意して、参拝客をお待ちしております。氏子の皆さんには、産土神社や香取神宮の参拝後に当社(旧郷社 松澤熊野神社)参拝してみてはいかがでしょうか。
 なお、太玉串、神札、お守は、1月上旬まで販売しておりますが、太玉串を希望される方は、参拝される前日までに、氏子総代長(090-7187-8147)へ連絡してください。参拝当日の参拝時間に合わせて準備しておきます。是非、参拝をお願いします。

古いお札のお焚き上げについて

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 毎年12月31日午後9時から当社境内において、古いお札やしめ縄のお焚き上げを行いますので、氏子の皆さん、古いお札やしめ縄をお持ちいただきお焚き上げすることができます。
 なお、当日、お焚き上げに参加できない方は、当社拝殿の階段右側に古いお札やしめ縄を入れる箱を12月25日から置きますので、入れておいてください。宮本神社役員及び宮本区議会議員が皆様に変りお焚き上げさせていただきます。

これまでの松澤熊野神社だより

松澤熊野神社では、年2回『松澤熊野神社だより』として社報を作成しております。
氏子の方々、一部の崇敬者の方々には回覧、送付等をしてご覧頂いておりますが、より多くの方にも知って頂けるようにとこれまで発刊して参りましたものをインターネット経由で閲覧、ダウンロードできるように致しました。

当サイトの上部メニュー「松澤熊野神社だよりについて」からこれまでの社報を選択できますので是非ご覧ください。
社報は、全てPDFデータとなっております。