大注連縄を製作

 当社では、例年、例大祭にあわせて、大鳥居及び御神木の大杉のしめ縄の掛け替えが行われます。
 每年、9月の最終日曜日に、松澤熊野神社神楽殿で宮本消防世話人及び若人によって新しい大しめ縄が作成されます。
 大しめ縄は、神楽殿の梁からロープを垂らして大しめ縄の端をロープにくくりつけ、ロープを持つ人、稲わらを渡す人、稲わらをよる人、皆が息を合わせて順次、太くて長い大しめ縄を作成します。
 真新しい大しめ縄は、例大祭の当日の朝、大鳥居や御神木の大杉にかけられ、例大祭を迎えます。

DSCN0028

関連記事

  1. 古いお札のお焚き上げについて

  2. 松澤熊野神社 第90回 式年神幸祭 お浜降り

    第90回 松澤熊野神社 式年神幸祭

  3. 年越しの祓い 大祓

    年越しの祓い 大祓

  4. 松澤熊野神社 案内冊子・社報

  5. 大晦日 お焚き上げ

    お焚き上げ

  6. 熊野講の開催